現状の集客状況の詳細を確認する。

まずは現在のホームページのアクセス状況を分析します。
アクセスログ解析ツールをご利用の場合は、データを拝見させていただきますが、
アクセスログ解析ツールを導入されていない場合は、こちらでアクセス解析を導入させて頂きデータが溜まり次第分析します。

アクセス状況を分析すると同時に、クライアントのビジネスについて、
詳細にヒアリングいたします。
クライアントのビジネス、ターゲットユーザを深く理解しなければ、
最適な集客戦略を作ることはできません。
ターゲットユーザの目線になって考えることが最も重要です。

GoogleAnalytics

 

データを分析してサイトの構成を考える

様々なデータを総合的に判断し、どのようなユーザをどのようなキーワードで集め、どのようなコンテンツを見せるのかを決定します。
サイトに必要な全てのページをリストアップし、それぞれのページのだいたいのストーリーを決めていきます。
この工程が終了次第、文章の作成に入っていきます。

データを分析してサイトの構成を考える

 

競合の集客戦略を、検討し双方の認識を深める

ホームページやWebからの集客を考えた場合、競合がどのような施策を行っているのかを知らないと、競合のシェアを奪うための施策内容を検討できません。
また、インターネットを使えば競合との比較は容易ですので、常に比較される前提で考える必要があります。
時には商品の価格や特長、バリエーションやポジション等を再考する必要があります。
競合サイトのアクセスログを分析した結果や、検索キーワードにおける競合サイトの強さ、競合の商品やサービスの特徴、価格、コンテンツの内容等をデータ化して、戦略設計の材料の一つとします。

競合の集客戦略を、検討し双方の認識を深める

 

ホームページ構築し集客したユーザを顧客に変えるには

たとえ集客に成功したとしても、ユーザが顧客とならなければ全て無駄です。
ユーザが顧客になるためには、ユーザの嗜好を考え、どのような情報を与えればいいのか、どのようなクリエイティブが好まれるのかなど、顧客目線になってサイト内の動き方を考える必要があります。
それらをデザインに反映し、ホームページを作り上げていきます。

ユーザの気持ちになって考える

そのページに訪れたユーザが、より快適にサイトを利用してもらえるように、常にユーザの視点でものを考えることが重要です。
サイトの使い方はユーザが決めるものですので、どのように使うのが一番使い勝手がいいのかをユーザの気持ちになって考え、そこにビジネス要件を交え、最適なデザインを作り上げていきます。

 

ホームページ構築し集客したユーザを顧客に変えるには

 

運用しながら効果を測定する

集客戦略がどのように機能しているのかを検証し、どのように
ホームページ、集客戦略を運用していくのかを探っていきます。
ホームページのアクセスログや問い合わせ内容などを分析し、
次の戦略を考えていきます。

ユーザの声を反映してよりよいサイトを作り上げる

ユーザがどのようにサイトを使っているのかを知ることや、
問合せ内容の運用結果などから、どのような集客が必要なのか、どのようなページに問題点があるのかなど、多くのヒントを
得られます。
そのヒントから、次に何をすればいいのかを決めていきます。

運用しながら効果を測定する