カフェジャルディーノカフェ・ジャルディーノ

コーヒーのある人生を楽しもう!
「ジャルディーノ」とはイタリア語で
「庭」を表す言葉。

自宅の庭にいるような気軽さで、
こだわりのコーヒーや料理を楽しんで
頂きたいという思いから付けられた名前です。

外に面した明るいホールと、
木をふんだん
使った落ち着いた空間とに分かれ、その日の気分やシチュエーションによって
使い分けもできます。

また、店内ではコーヒー豆や、コーヒーに関するグッズなども販売しております、

皆様の生活の中に美味しいコーヒーを取り入れてみませんか?

スタッフから

フォレスタのサービスマネージャーの藤原です。
ホールサービス、販売サービスをさせて頂いています。

美味しい料理と美味しいカフェと本格ピッツァを、是非!食べにいらしてください。

カフェジャルディーノ | Facebookページあります
いいね!を押してください!

カフェジャルディーノこだわりのカフェ

SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)で表彰もされた「ディードリッヒ焙煎機」を使い、上質の豆だけを使って焙煎をしています。

ディードリッヒはファンの力が強いので、薫煙臭などが残らずクリアなコーヒーの味へとつながるのです。 熱風が通過することによって豆は芯からじっくり焙煎され、膨らみもよく、香りの良い澄んだ味わいになります。

使用する豆は無農薬栽培を基本とし、リーファコンテナ (15度低温輸送コンテナ)で運ばれるものや、 カップ・オブ・エクセレンス(コーヒー品評会で上位に選ばれたプレミアム豆)も少なくありません。

深煎りのコーヒー豆を細かく挽き、エスプレッソマシーンを用いて圧力をかけ短時間で抽出した、濃い少量のコーヒーのことを「エスプレッソ・コーヒー」、略して「エスプレッソ」と呼びます。

イタリアやフランスではもっとも
よく飲まれている風味が濃い、こくのあるコーヒーです。

スタッフから

こんにちは、カフェジャルディーノの塚田です。

ジャルディーノでは、お客様が快適に過ごして頂けるよう、スタッフ全員で日々取り組んでいます。

こだわりのカフェで至福のひとときをお楽しみ下さい!

カフェジャルディーノバリスタ(動画)

 

 

 

カフェジャルディーノ本格ピッツァ

ピッツァの釜は、ナポリ GianniAcunto社製の薪釜で、
耐熱レンガ、溶岩、耐火モルタルで作られ、窯内部の温度を450度まで上げることが出来ます。

この温度で、約1分というスピードで焼き上げるため、外はパリッと、中はもっちりという食感をお楽しみ頂けます。

伝統的なナポリピッツァの生地の材料は小麦粉をベースに、酵母、水、塩の4つというシンプルなものです。

生地は手だけを使って伸ばすのがナポリピッツァ。

ピッツァの端の膨らんだ“みみ”のような部分はコルチョーネといい、ここが美味しさのポイントでもあります。

スタッフから

本場イタリアナポリの薪窯を使用し、
日々本物を追求しています。

テイクアウトも可能です。
ぜひおうちでも本格ピッツァをどうぞ!

 

カフェジャルディーノ本格的なピザができるまで(動画)

 

カフェジャルディーノイタリア料理

カフェ・ジャルディーノでは「スローフード&スローライフ」をモットーに、

体に優しいメニューを心がけています。

「茹で上げ」にこだわったパスタメニュー達。

カフェ・ジャルディーノでは、3種類のパスタを使い分けています。ランチのパスタ「オーガニック細パスタ」無農薬栽培の小麦(セモリナ)を石臼で挽き、60℃で32時間もの低温長時間乾燥を行ったこだわりのスパゲッティーニ。
その中でも、お昼休みの限られた時間内でも茹で上げを召し上がって頂けるよう、茹で上げ時間の短い細麺タイプを使用しています。
ディナーのパスタ「元祖オーガニックパスタ」はお昼と同じ素材ですが、こちらはしっかりと太いタイプのスパゲッティーニ。

シェフ手作りの「自家製手打ちパスタ」人気メニューの一つラザニアに使われているパスタは、イタリア産のセモリナ小麦と卵でつくる手打ち麺。シェフが愛情と気合を込めて作る自家製パスタです!是非!ご賞味ください!

スタッフから

こんにちは、ジャルディーノ厨房の吉川です。
ベースはイタリア料理ですが、色々アレンジしたり、
地元食材を使っての料理など、
試行錯誤しながら作ってます。
体に優しい地元の食材をご賞味ください。

カフェジャルディーノ各種調理風景(動画)

 

当店自慢の美味しいパスタを調理しているところを動画におさめました。

イタリア産のセモリナ小麦と卵でつくる手打ち麺とカニのソースが

良く絡むハーモニを、お楽しみください!


 

フレンチトースト
「ホワイトチョコと赤ワインソースのフレンチトースト」
パンコバのバケットにバニラジェラート、
そして自家製のホワイトチョコと赤ワインのソースを
組み合わせました。
バニラの甘さとワインソースがよく合います。